ネット接続テレビ/OTTに広告費増加の兆し 米IAB調査

この記事は約1分で読めます。
ネット接続テレビ/OTTに広告費増加の兆し 米IAB調査 | AdverTimes.(アドタイ) by 宣伝会議
米インタラクティブ広告協会が6月16日に発表した調査で、大手ブランド57のうち、51%が、2019年よりも広告費を減らす意向を示した。一方、昨年より増やすと回答したのは26%。

米インタラクティブ広告協会が6月16日に発表した調査で、大手ブランド57のうち、51%が、2019年よりも広告費を減らす意向を示した。一方、昨年より増やすと回答したのは26%。昨年同等としたのは23%だった。5月29日から6月8日にかけて調査した。

メディア別で、広告費が「増える」との回答が多かったのは、インターネットに接続したテレビ(コネクテッドテレビ)や、ネット経由の動画配信サービス(オーバー・ザ・トップ、OTT)で56%。次いで動画広告(コネクテッドテレビ、OTT以外)で56%、ソーシャルメディア56%、ポッドキャスト52%、バナーなどのディスプレー広告が46%となった。一方、地上波テレビやラジオ、ダイレクトメール、新聞・雑誌、OOHはいずれも半数以上が「減る」とした。回答したのはメディア・バイイング担当者101人。

オリジナルコンテンツへの投資や、新型コロナウイルス感染症の拡大による外出制限で、コネクテッドテレビやOTTの利用時間は増加傾向にある。米調査会社イーマーケターの推計では、米国での月額制OTTサービスの1日あたり利用時間が、前年比23.0%増の62分となった。トップはNetflixで、利用時間が1日あたり30分を超えた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
OTTとCTVについての最新情報ならOTT/CTV Now!
国内記事
OTTmanをフォローする
OTT/CTV-NOW!
タイトルとURLをコピーしました